風俗嬢の給与事情

風俗嬢は稼げるというイメージはありますが、実際に働いてみない事にはどれぐらい稼げるか分かりません。
なぜかというと、勤務シフトや働くお店、そして個人の素質によって稼げる金額は大きく異なってくるからです。
そのためあくまで目安ですが風俗嬢の給与事情について紹介します。

風俗嬢は日給が基本

一般的にアルバイトは時間給が基本です。
そのためコンビニなどで深夜全くお客さんが入らない時間帯であってもお店の売上に関係なく働いた時間数で稼ぐ事が出来ます。

しかし風俗嬢の場合は、風俗店に8時間待機していたからといって、8時間分の時給が発生する訳ではありません。
風俗店の場合は日給制が基本で、それも時間数ではなく、出来高制となっています。
つまり8時間指名がなく待機しているだけでは、1円も給与が発生しないと言えます。

ちなみに風俗店では、お客さんが支払う料金に対してバック率50〜60%が相場となっています。
そのため60分コースで2万円のお店で。バック率が50%であれば、60分で1万円+指名料+オプション料金のバックが1人当たりのお客さんに対して稼げる金額となります。
なので高級店で、たくさん相手にすれば凄く稼げるという計算になります。

風俗店の雑費と罰金について

風俗店では雑費を引かれたり、罰金があるお店もあります。
雑費とは衣装のクリーニング代金や送迎の車代、ローションなどの備品代、タオル代などがあります。
サービスを提供するのに必要な雑費を個人で負担するの?と驚く人もいるかもしれません。

ですが風俗嬢は扱いとしては個人事業主になるため、雑費を支払う必要があるお店も珍しくありません。
なので面接の際に雑費についても確認する事をオススメします。

あと罰金とは、遅刻をしたり当日の欠勤に対してペナルティとして罰金があるお店もあります。
罰金がないお店であっても、遅刻や欠勤が多い場合は、クビになる可能性もあるので気を付けましょう。

関連する記事

Copyright 稼げる風俗嬢はココが違う! 2017
Shale theme by Siteturner